So-net無料ブログ作成

映画「ウォークラフト」のネタバレを結末まで [ウォー・クラフト]

この記事には映画の結末までのネタバレ(内容)が含まれます。

記事を読むことによって結末までのネタバレをしてしまいますので、映画を純粋に楽しみたい方はご注意ください。

今回紹介する映画のネタバレは2016年7月01日公開の「ウォー・クラフト」です。

それでは早速映画ウォー・クラフトのネタバレ記事を結末までお楽しみください。




もう永い間、人類とオーク族は戦争状態であった。

デュロタン(トビー・ケべル)は、フロストウォルフオーク一族の首領で、この戦闘状態を脱したがっているが、それは彼と彼の妻ドラカ(アンナ・ギャルビン)が最初の子を望んでいるからである。


オーク一族は、大群でやって来るのだが、彼らの土地ドラエノールは、今にも破滅しようとしているので、腹黒いオークの魔術師グルダン(ダニエル・ウー)は、アゼロスの土地にその大群を導こうと企んでいた。



グルダンは、死から造られる暗黒の魔術レーザーを用いて、数十人のドラエノールの囚人たちを、門へと連れて来た。

半人間半オークのガローナ(ポーラ・パットン)は鎖で繋がれ、解放を請う囚人たちの前を通り過ぎるが、彼女にはどうしようもなかった。

ドラエノールの者達から生命力を奪った後、グルダンはアゼロスへの扉を開いた。
オーク族は嵐の様に通り過ぎるが、ドラカは妊娠した腹を必死に隠した。


オーク族がやって来ると、ドラカは陣痛が始まった。他のオークたちは、デュロタンに子ができたことに気付き、ドラカがその状態のまま来るのを許すよう、デュロタンを叱りつけた。

そしてドラカの出産が始まった。
グルダンが手を貸し、ドラカはオークの男の子を死産した。グルダンは傍の鹿の生命力を男の子に与えた。グルダンは、オーク族の大群に新たな戦士としてデュロタンの息子を加えたのだった。





アイアンフォージュで、司令官アンドゥインローサー(トラヴィス・フィメル)は、マグニ・ブロンズビアード王(マイケル・アダムスウェイト)と面会し、王はローサーにショットガンを与えた。

そして、部隊が攻撃された後、ローサーはストームウィンド王国に召喚された。


ローサーはストームウィンドへ行き、カドガー(ベン・シュネッツァー)という賢者と会うが、彼は身体検査で捕まっていた。

彼らは死体を見つけ、それは口から緑の煙を吐き出していたが、それは魔術レーザーで死んだことを意味していた。

ローサーとカドガーは、レイン・ウリン王(ドミニク・クーパー)と会い、カラザンの守護者メディヴ(ベン・フォスター)と会うよう派遣された。




ローサーとカドガーは、メディヴが巨大なゴーレムを粘土から彫刻しているのを見た。

ローサーがメディヴに状況を説明している間、カドガーはメディヴの書斎を歩き回り、暗く陰のある姿が潜んでいるのを見つけた。

その姿の持つ力が、カドガーをある書籍に惹き付けた。
カドガーがその書籍を取り上げようと近付くと、メディヴが現れ、殴り倒される前に魔術でカドガーを壁に身動きできなくした。



メディヴは、ローサーとカドガーと一緒に、偵察団を伴って森の中へ入り魔術レーザーを調べた。
彼らはオーク族の一団に攻撃され、オーク族は人類を攻撃し続けるのであった。

一方、ローサーはかなり多くの者を殺害できるのではあるが。メディヴは、緑色の肌をしたオーク族を魔術で殺すのだが、デュロタンや、友人のオーグリム・ドゥームハマー(ロブ・カジンスキー)、戦争好きのブラックハンド(クランシー・ブラウン)には手を出さなかった。

ブラックハンドはローサーを襲いに行くが、ローサーは自分のショットガンでブラックハンドの手を打ち落とした。

生き残ったオーク族は逃げだした。デュロタンは馬に乗り、まだ繋がれたままのガローナの横を通った。

彼は斧を振り上げ、鎖を切って彼女を自由にした。しかし、カドガーは魔術で彼女を動けないようにし、ガローナは人類に捕えられてしまった。



ガローナは、レインの城に連れて来られた。彼女が言うには、アゼロスの地図には自分の国は存在しないので、オーク軍はこの地にやって来るのだろう。そして彼女は牢に入れられるが、レインの妻でありローサーの妹であるタリア女王(ルース・ネガ)に食料と安楽を与えられた。


ガローナは、タリアを殺してオーク族の間で尊敬されようと考えるが、もう人民に尊敬されることは無いだろうとタリアは言った。


グルダンは、前に立つブラックハンドに、おまえは人類の中から逃げ出し、自分の部下を殺させる弱い奴だと批判した。

グルダンはブラックハンドに死刑を宣告しようとするが、デュロタンが仲裁し、メディヴが魔術レーザーを制御していたとグルダンに説明した。

グルダンが自分しか魔術レーザーを制御できないと主張しているにもかかわらずである。


デュロタンとオーグリムは共に座り、オークの兵舎を観察していた。
デュロタンはグルダンの魔術がドレアノールの衰退をもたらしていて、このまま続けばアゼロスも同じ運命をたどるだろうと感じていた。


デュロタンは、グルダンを止めたいのだが、オーグリムは、人民に対する忠誠を維持すべきだと感じていた。


レインはガローナを、ストームウィンドに忠誠を誓うことを条件に解放した。




ガローナは、レイン、ローサー、レインの指揮下にある他の者たち、ローサーの息子カラン(バーケリー・ダフィールド)を案内し、彼らとフロストウォルフ一族との話し合いをした。そしてタリアは、ガローナに自衛の為小さな短剣を与えた。



オーク族と人類は面会し、グルダンを殺す為休戦交渉を行った。
デュロタンが現われ話をするが、ガローナはレインとローサーの為に通訳をした。

その際グルダンに忠実な緑のオーク族が、ブラックハンドとその仲間と共に待ち伏せしていた。
邪悪なオーク族はデュロタンとその一族と共に、人類と格闘した。

メディヴは、人類とオーク族との間に障壁を造るが、カランは外に残された。ローサーはその障壁を抜け出すこともカランを招き入れることも出来なかった。

ブラックハンドは、新しいワシ手でカランを突き刺し、その死体をローサーへ投げつけた。


メディヴは弱体化してしまった。彼は住処へと運ばれ、マナプールの中に置かれた。
カドガーは、メディヴの目が緑に光るのを見るが、それは魔術レーザーの影響を受けていることを意味していた。

カドガーはまた、メディヴの書斎から取った本で、グルダンが門を開けるのにアゼロスの誰かの助けを借りていたかも知れない事を知った。

カドガーは、助けを求めに離れるが、一方メディヴはガローナをストームウィンドへ戻した。


ガローナは、ローサーが部屋で酒に酔い、カランの死を嘆いているのを知った。彼女は彼の傍へ行き慰めた。ローサーは、もうメディヴを信用しないと言う。


オーグリムはグルダンに話をするが、グルダンはデュロタンがオーク族の敵方に付くと決めたことを知っていて、ブラックハンドがフロストウォルフ族を連れ出している間にデュロタンを幽閉しようとした。
グルダンはオーグリムに、より強いオークとなる為に魔術ビームを習得するよう提案する。



カドガーはグリフィンに跨り、雲上を越えてダラランの街へ行った。
そこで他の年長の賢者に会うが、皆大昔に見捨てられたことでカドガーに腹を立てていた。

カドガーは賢者達に、魔術レーザーがアゼロス中に広まっていて、メディヴは堕落していると説明した。

カドガーは、年長の守護者でありメディヴの書斎にあった暗い姿であるアロディ(グレン・クローズ)に会うよう連れて来られた。


アロディがカドガーを呼び出そうと、意図的に探し出していたのであった。
アロディが言うには、メディヴは暫くの間悪魔の様な存在と戦ってきたので、それ以来その存在に負けていて、自ら魔術レーザーで堕落してしまっているとのことだった。



メディヴはモローズ(カラム・キース・レニー)に助けられプールに入れられた。
プールは魔術ビームの力で緑に輝いている。メディヴはモローズの生命力を吸収し、オークに似た生命体に変異し始める。


レインはオークの大群と闘う同盟の一部として、他の者と団結しようと話し合いをもった。

ローサーはこの計画を好まないが、代わりにより多くのオーク族がアゼロスに侵入しない様に門を破壊すべきだと考えていた。

(人間の姿をした)メディヴは話し合いにテレポートし、ローサーがカランの話をする時に、ローサーの皮膚の下に入った。レインは、ローサーを監獄の中に入れ落ち着かせていたのだ。


オーグリムは自分の過ちに気付き、ドラカと、デュロタンがゴエルと名付けた子供を、内密に解放した。

そしてオーグリムはデュロタンも解放しに行く。デュロタンはオーグリムに腹を立てていたが、ドラカとゴエルを逃がしたことを知り彼を許す。

レインとその部下は戦闘に向かった。カドガーが戻り、守衛を羊に変えた後に、ローサーを解放した。
それから、カドガーはメディヴと闘う方法を見付けようと、自分の魔力を使い始めた。



ドラカはゴエルを河へ連れて行き、安全な場所へ送る為かごの中に置いた。
他のオークが現われ、ゴエルを安全に川に浮かべた。ドラカは自分の歯でそのオークの喉を裂いたが、彼女は突き刺され命尽きてしまった。



デュロタンはグルダンに挑み、残りのオーク族の大群の前で格闘した。
二人は闘い、デュロタンがグルダンを圧倒している様に見えるが、それは魔術師が魔術を用いてデュロタンの生命力を奪うまでで、他のオーク族は激怒した。

最終的にグルダンはデュロタンを殺し、他のオーク族を追い払った。
グルダンは歩き去る緑のオーク族を殺し、他の者を自分の傍に無理やり置いた。そしてグルダンは、他の囚人たちの生命力を使って生命を保っている間に、メディヴが門を開け始めるのを待った。

レインと彼の軍隊(今やガローナも加わり)はオーク族と戦闘を始め、侵略し始めた。


その間、ローサーとカドガーはメディヴと闘おうとするが、メディヴは泥のゴーレムに命を吹き込み、二人と闘わせた。

ローサーは、どうにかしてゴーレムの首を切るが、その身体はまだ知覚反応があった。

カドガーは呪文を唱え、メディヴの上にゴーレムを倒し、ゴーレムを石に変えた。

カドガーはメディヴから悪魔を追い払い、彼を普通の状態に戻すが、メディヴはゴーレムの下で死んで横たわっていた。

彼の最後の吐息でメディヴはアゼロスからストームウィンドへ門を切り替え、幾人かの囚人を解放した。ローサーはグリフィンに乗って戦闘へと向かった。


きっと勝てないだろうことに気付き、レインはガローナに、オークス族と人間との和平の可能性があるように、レインを殺すように言った。

そうすれば、オーク族の中でガローナ自身も栄誉を得ることにもなるだろう。全く不本意ながらも、ブラックハンドが襲いに来る前に、ガローナは短刀をレインの首に突き刺した。

オーク族はガローナを称賛し、彼女をグルダンのもとへと連れ、グルダンは彼女をオーク族に招き入れた。

ローサーが現われ、ガローナの短刀がまだ首に刺さったままでレインが死んでいるのを見た。ローサーはレインの死体を運ぼうとするが、オークス達はグリフィンが逃げようとしているのを引き降ろした。

そしてローサーは、ブラックハンドと戦闘となるが、今や魔術ビームでより強力となっていた。二度の素早い動きによってローサーは、カランの死の報いとしてブラックハンドを突き刺した。

ローサーはオーク族の尊敬を得るが、グルダンはオーク族にローサーを殺させたかった。

グルダンは自分で殺そうとするが、ガローナは止めさせようと促した。そうしないと、他のオーク族と闘わざるを得なくなるからである。それで、ローサーはレインの遺体を持ち去るよう任された。

ローサーがひとり部屋に残されているところに、カドガーが入って来た。
カドガーは、レインの首からローサーが抜いた、ガローナの短刀を見付け、ガローナが意図的にレインをだましたと、ローサーに信じ込ませておいた。

レイン王の葬儀が、王国全体で執り行われた。タリアは夫を褒め称え、ローサーを皆の前に立たせた。今やローサーが同盟を率いているからである。全ての者がローサーのあとに集まった。

最後の場面は、ゴエルがまだ河に浮かんでいるところであった。デュロタンの声が聴こえ、ゴエルはオーク族の新しい指導者となり、オーク族に平和をもたらすだろうと彼は言った。ある男がゴエルのかごを持ち上げ、ゴエルはその男にうなり声をあげた。




映画「アリス・イン・ワンダーランド 時の旅」のネタバレを結末までの記事を見る







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © 映画ネタバレ最前線 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。