So-net無料ブログ作成
10 クローバーフィールド・レーン ブログトップ

映画「10クローバーフィールドレーン」のネタバレを結末まで [10 クローバーフィールド・レーン]

この記事には映画の結末までのネタバレ(内容)が含まれます。

記事を読むことによって結末までのネタバレをしてしまいますので、映画を純粋に楽しみたい方はご注意ください。

今回紹介する映画のネタバレは2016年6月17日公開予定の「10クローバーフィールドレーン」です。


それでは早速映画10クローバーフィールドレーンのネタバレを結末までお楽しみください。




映画は、ミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)が家の窓の外を見ながら、電話で誰かと言い争っているところから始まる。

電話を切ったミシェルは、たくさんの荷物を鞄に詰め込み、家を出て行った。


都会の町から田舎の方へと運転しているミシェルは、フィアンセであるベン(ブラッドレイ・クーパー)からの電話を取った。

ベンの話を聞いた後、ミシェルはこんな形で離れてしまう事を申し訳なく思っているという事だけを伝え電話を切った。

電話を切った後もベンからの電話は鳴り続けるが、ミシェルが一瞬道路に目を向けた瞬間トラックに追突され、車はそのまま溝に転がり込んでしまった。



ミシェルが目を覚ますと、そこはシェルターのような小さな部屋だった。ミシェルは頭に怪我をしており、腕には点滴が繋がれていた。

ミシェルは怯えながら自分の足がパイプに繋がれているのを確認し、助けを呼ぼうと近くのポールを掴み携帯を引き寄せるが、電波が無く電話をかける事は出来なかった。


その時誰かが地下室のドアを開けた。彼は事故からミシェルを助けてくれたハワード(ジョン・グッドマン)という男性であった。


ミシェルは木製の棒でハワードを殴り逃げ去ろうとするが、ハワードはすぐにミシェルを捕まえて、ミシェルの事をなだめた。


ハワードは地上で事故が起こり、そこにいては危険だったためにミシェルを牧場の下のバンカー(燃料などの倉庫)の中へ運んだことを落ち着いて説明した。

そしてハワードは、ミシェルを持ち上げて外で何が起きているかを見せた。
ミシェルが外を見ると、その時には何も起きていないように見えた。しかしその時ミシェルは遠くに赤く塗られたトラックを見つけた。

そのトラックは事故の時にミシェルに衝突してきたトラックでり、それがハワードのものだと彼女は感じた。



寝室にいると、外から大きな音が聞こえてきて、するとハワードが外に向かって叫んでいた。二人で部屋を出るとそこで若く腕の不自由な男性、エメット(ジョン・ギャラガー・Jr)に出会った。


ミシェルはエメットにすごく親しみやすい感情を持った。エメットは、ハワードのバンカーを立てるのを手伝っており、そして事故が起こった時の白い光に驚きバンカーの中に逃げた事、そしてその時に腕を負傷したことを話した。



ハワードとミシェル、そしてエメットは家族の様に夕食を楽しんでいたが、ミシェルとエメットが楽しそうに会話をしているのに嫉妬し、二人にそういう態度はやめろと警告した。



いまだに不信感を持っていたミシェルは、ハワードが見ていない隙に彼の鍵を盗んだ。その時騒音が響き、全員が混乱に陥るが、ミシェルはその隙にビールの瓶をハワードに投げつけた。

ミシェルは外に逃げ出す為にエアロックへ向かって走るが、ハワードに外には出ないように忠告を受けた。


その時外では一人の女性が中に入れてほしいと頼んでいた。しかしハワードはしきりに彼女を中には入れないようにと言い、するとその女性は取り乱して頭をガラスのドアにぶつけ始めた。

ただ事ではない雰囲気を感じたミシェルは、ハワードの言っている事は実は正しいのかもしれないと思い始め、ハワードの言っている事に耳を傾け始めた。

そしてハワードは、夕食の席での振る舞いを謝罪し、さらにミシェルの車に衝突したのが自分だと言う事を認めた。




その後ミシェル、ハワード、エメットの三人は心を開き始め、本当の家族の様に生活をし始めた。ハワードはミシェルに、彼が昔亡くした娘だと言うメガンの写真を見せてくれた。


そんな中エメットは過去の自分の色々な話を聞かせてくれて、ミシェルとエメットの距離はさらに縮まって行った。



ある時空気濾過のシステムが下がってしまい、濾過室に行かなければならなくなった。今いる部屋から濾過室へ続く道は通気口しかなく、体型的にミシェルしか行くことができなかった。


ミシェルは無事に部品を取り換えるが、その時はしごがちょうど外につながる窓へと向かっている事に気が付いた。

そしてその窓にはHELP!と削られており、その文字の部分には血のあとがあった。そして床には血の付いたイヤリングが落ちており、そのイヤリングは写真で見た少女メガンの物だと気付いた。


部屋に戻ったミシェルはその写真をエメットに見せた。すると写真に写っている少女は彼の同級生であり、しばらく行方不明になっていたブリトニーで間違いないと言い出した。


そしてふたりはハワードは危険で恐怖の人物であり、すぐにここから逃げなければいけないと確信した。

二人はハワードの道具を盗み、その場しのぎにウィルス避けのスーツとマスクを作成し始めた。


するとハワードは、道具が無くなった事に気付きエメットに迫った。

ハワードは、エメットになぜ銃を盗もうとしたのかを問いかけ、彼の答えにたいして許したように見えたが、エメットの頭を銃で打ち抜いた。



一方ミシェルは、即席スーツの準備を終えて逃げ出す準備を始めていた。ハワードが追いかけてきたが、彼を押しのけ出口に向かって登り始めた。するとハワードが持ってきた過塩素酸に火が着き燃え始めた。


ハワードはまだミシェルの後を追ってきており、ミシェルはシェルフを彼の頭に投げ落とし、濾過室へと向かう通気口を昇りぬけた。

ハワードはミシェルを掴もうとするが、ミシェルは彼の手を思い切り振り払い、ミシェルはスーツとガスマスクを着けて外へと逃げだした。



しばらくしてすべて静かになり、ミシェルは空を見上げて鳥を眺め、マスクを外すと外の新鮮な空気を吸い込んだ。

そしてハワードのトラックの方へと向かうと、遠くにヘリコプターのようなものがいるのを見つけた。そしてよく見るとそれが宇宙船であることに気が付いた。


その時ハワードのバンカーが爆発し、宇宙船は爆発した場所へと移動しだした。その間毒ガスが広がり始めたので、ミシェルは急いでマスクを着けなおした。

バンカーへと向かうと、さっきバンカーへと入ろうとしていた女性が倒れているのを発見した。

そしてトラックの周りには回虫のような生き物がうごめいており、その生き物が去っていくのを確認すると、ミシェルは車の鍵を女性から奪い取り車へと走った。

すると回虫がミシェルを追ってきて、トラックの中へと追い詰められた。そこへ宇宙船が寄ってきてトラックを持ち上げて飲み込もうとした。

ミシェルは雑誌、ライター、ワインボトルを掴み火炎瓶を作り火をつけて宇宙船へと投げ込んだ。火炎瓶は爆発し、トラックは無事解放された。


ミシェルは車に乗って進み始めた。ハワードの"10 Cloverfield Lane”と書かれた郵便ポストを倒し、ラジオをつけて進み続けた。

ラジオでは、事故からの非難を求めてBaton Rougeに向かう人がいる、そして医療系の人がHoustonで求められているという情報が流れていた。


まっすぐの道がBaton Rouge、左はHoustonへという誘導のサインを目にし、ミシェルは左へと進むことを決めHoustonへ運転しながら、さっきよりも大きな宇宙船が雲に隠れているのに気付いた。







  




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
10 クローバーフィールド・レーン ブログトップ
広告スペース
Copyright © 映画ネタバレ最前線 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。