So-net無料ブログ作成
検索選択
クリード チャンプを継ぐ男 ブログトップ
前の1件 | -

映画「クリード チャンプを継ぐ男」のネタバレを結末まで 後編 [クリード チャンプを継ぐ男]

この記事には映画の結末までのネタバレ(内容)が含まれます。

記事を読むことによって結末までのネタバレをしてしまいますので、映画を純粋に楽しみたい方はご注意ください。


今回紹介する映画のネタバレは2015年12月23日公開のクリード チャンプを継ぐ男です。

この映画は映画「ロッキー」の続編として作られた映画で、ロッキーが友人の子供を育ててチャンピオンを目指すというお話です。

ちなみにこちらの記事は映画クリード チャンプを継ぐ者のネタバレ後編になりますので、前編をご覧になっていない方はこちらからご覧ください。

映画クリード チャンプを継ぐ者のネタバレを結末まで 前編



彼の名前が世界中で明らかになると同時に、ドニーは自分が偽のクリードとして見られるのではないか、父の名を汚すのではないかという事を恐れ始めた。


彼はビアンカがパフォーマンスをしているクラブを訪れ、トーン・トランプ(アンソニー・ブライス)に会う。
トーンはドニーとの写真を撮るが、ドニーに対して“クリード坊や”と言った事で彼を怒らせてしまう。

この事が、喧嘩にまで発展し、ドニーは逮捕される。
ロッキーが来てドニーは保釈される。
ドニーはビアンカの家を訪れ、謝罪し、自分自身やロッキーの事を考える中で、恐怖を抱いていることを伝えた。

ビアンカは彼にそれぞれの道を歩くべきだと伝え、ドアを閉めてしまった。

ドニーとロッキーは互いに譲歩し、ロッキーは来たる試合の為にドニーへトレーニングをつけながら、化学療法を受けた。
長いトレーニングの後、ドニーは街中の人から支持を得る。そしてそれは特に若者からの支持だった。

2人は記者会見の為にリバプールへ飛んだ。
コンランはホリデーと共に現れ、ドニーに対し、“君は一夜にして成功した、偽のクリードだ”などと、挑発する様な侮辱的な言葉を発した。

ロッキーはドニーを押さえ、これがコンランの魂胆なんだと言った。


大きな試合の夜、ビアンカも応援の為に現れた。
メアリー・アンは家からその試合を見守った。プレゼントとして、彼女はドニーに彼の父が使っていた、アメリカ国旗の描かれたボクシングパンツを送った。

リングに向かう間、ドニーにはファンからのブーイングや冷やかしの言葉が続いた。
その一方でコンランは劇的な入場をし、全てのファンが彼の名前を繰り返し叫んでいた。

試合が始まると、コンランがドニーの目の上を切り、第一ラウンドを勝利に収めた。

しかしながら、ドニーはだんだんと力を増し、コンランに打撃を与える。しかし、彼の強さを皆に納得させるにはそれではまだ不十分だった。

ラウンドの合間、ロッキーとホリデーはそれぞれのボクサーを激励し、支持した。

ドニーは打撃を与える一方で、多くの血を吐いた。しかし、コンランがドニーの左目に打撃を与えた事で、彼は瞬きをする事さえ、困難になってしまった。




しかし、ドニーの視力に問題は無かった為、試合は続いた。コンランは再び、ドニーに打撃を与え、ノックアウトさせた。
しかし、その時、ドニーは自分が何の為に戦っているのかを思い出した。
そして、起き上がったドニーはコンランがノックアウトするまで、何度も打撃を与えたが、コンランは10秒をカウントされる前に起き上がった。
試合が終わり、コンランは不敗を維持した。
しかしながら、彼はドニーの事を尊敬に値すると認め、ドニーもそれに返礼した。

コメンテーターはドニーに近づき、手短に彼にインタビューした。ドニーはそこで、ロッキーを彼の家族だと言及した。
コメンテーターはドニーに“もし、父親がここにいたら、何を伝えたいか”と尋ねた。ドニーは“愛している、父が自分から立ち去ったのは故意ではないと分かっていると伝えたい”と答えた。

その時、ファンは“クリード”の名前を何度も叫んだ。
ドニーはロッキー、ビアンカと共に去った。


フィラデルフィアに戻り、ロッキーとドニーはフィラデルフィア美術館の前にある有名な階段を上っていた。ロッキーは息を切らしながら。しかし、ドニーは彼を押して、上り続けた。頂上に行くと、彼らは街の景色に感嘆した。


ドニー・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)はアポロ・クリードの非嫡出の息子であり、彼は一度も父に会った事がなかった(アポロは彼が生まれる前に亡くなり、彼の母親も間もなくして亡くなった)。

そして、彼は里親に育てられ、問題児になった。ついにアポロの妻(フィリシア・ラシャド)は連れられ、彼は十代を彼女とともにカリフォルニアで過ごした。

大学へ行き、金融会社で良い職を得た。ドニー(アドニス)は自分の境遇を知り、ついにティフアナにおけるボクシングの試合では15勝した。


ドニーは生涯を通じて、ボクシングを追い求める事を決め、仕事を辞め、フィラデルフィアに引っ越し、ロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)にトレーナーになってもらう事を依頼した。

ロッキーはアポロの手前、それを引き受けた。2人はドニーの境遇を秘密にした。

彼らは負け知らずのプロボクサーに勝利した。このプロボクサーのマネージャーが後に、ドニーは実はアポロの息子だという事を明らかにしてしまう。


突然、イギリス人のWBCチャンピオン“プリティー”・リッキー・コンラン(トニー・ベリュー)は7年間の獄中生活の前に行う最後の試合の相手にドニーの名を挙げられる。
彼はクリードという名前だけで、それを承諾した。


ロッキーはホジキンリンパ種と診断されるが、治療を拒む。彼は数年前に亡くなったアドリアンと運命を共にしようとしていたのだ。ドニーは彼に病と闘う事を説得する。ロッキーは化学療法中にも、ドニーに自身が考えたトレーニングプログラムを与えた。

試合はリバプールで設けられ、ファンは全体的にコンランサイドだった。アドニスはラウンドが始まった当初、手も足も出ない状態だったが、ついに、激しい打ち合いとなった。試合はクリードによる、ほぼノックアウトが打ち出され、最後のベルが鳴った。チャンピオンはかろうじて、10秒をカウントされる前に立ち上がった。コンランが勝利という結果になったが、大勢の観衆はクリードを讃えた。




映画ブリッジオブスパイのネタバレを結末までの記事を見る






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の1件 | - クリード チャンプを継ぐ男 ブログトップ
広告スペース
Copyright © 映画ネタバレ最前線 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。