So-net無料ブログ作成

映画「二ツ星の料理人」のネタバレを結末まで [二ツ星の料理人]

この記事には映画の結末までのネタバレ(内容)が含まれます。

記事を読むことによって結末までのネタバレをしてしまいますので、映画を純粋に楽しみたい方はご注意ください。

今回紹介する映画のネタバレは2016年6月11日公開の「二ツ星の料理人」です。

それでは早速映画二ツ星の料理人のネタバレ記事を結末までお楽しみください。




三年前、アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)は、彼の指導者であるジャンリュックが経営するパリのトップクラスのレストランで働いていた。

アダムの薬物依存と躁病的ともいえる完璧主義は彼自信とレストラン、そこで働く何人もの友人たちの経歴さえも自滅へと追いやった。

居場所を失ったアダムは姿を消し、気持ちを入れ替えて、ニューオーリンズのバーで100万個の牡蠣の皮むきを自分に課した。

100万個目の牡蠣を剥き終わればロンドンにもどり、もう一度昔のように輝きを取り戻しミシュランの三つ星を目指すと決めていた。



ロンドンに戻ったアダムは昔の同僚を探し始める。ジャンリュックの以前の弟子トニー(ダニエル・ブリュール)が彼の父のホテルを運営していると知り、アダムはそこのシェフになろうとするが、パリでのアダムの行いを知っていたトニーはアダムを信用していなかった。


もとより、トニーはジャンリュックの葬儀にも現れなかったアダムをすでに死んだのではないかと思っていたのだ。

ジャンリュックの死をつゆも知らなかったアダムは、恩師に報えず深い自責の念にかられた。次にアダムはコンティに会いに彼の経営するレストランに向かう。


アダムはコンティの下で副料理長として働くエレーヌ(シエナ・ミラー)を気に入るが、エレーヌは彼を時代遅れで、しかも耐え難いほどのうぬぼれ屋だと思っていた。

その次にアダムはジャンリュックの下で一緒だった友人のひとりマイケルを探し出した。

マイケルが自分のレストランをオープンしたとき、彼に裏切られたと強く嫉妬したアダムは、彼のレストランのキッチンに何匹ものネズミを放ち衛星監査局に通報、その結果マイケルのレストランは閉店に追い込まれた。

しかしマイケルは過去の事は許し、彼のために働くと約束した。

アダムは次にリース(マシュー・リース)の経営する、流行りのレストランに向かった。
そこでは、リースはすでに地位を確固たるものにしていた。


リースはアダムのパリでの行いを許さず、またエレーヌもアダムは古典的すぎて今のロンドンの飲食業界では通用しないと思っていた。

アダムはもうひとりのジャンリュックの弟子だったマックスを、彼の刑期が終わり次第雇おうと計画した。

残念なことに、アダムがヨーロッパに姿を現したことで以前アダムが麻薬売買していた密売人に見つかってしまい、まだかなり残っていた借金返済を要求された。

ついにアダムは住まわせてもらっていたトニーの家族のホテルから追い出されてしまった。
アダムはシェフとして成功しつつあるデイビッドを探しだした。

デイビッドは、未だ仮想でしかないアダムのレストランで働くと約束するだけでなく、彼の狭苦しいアパートに当分の間住まわせてくれた。




アダムはどうすればトニーを味方につけられるかを考えていた。
そして高名なレストラン評論家であるシモーネ(ユマ・サーマン)に連絡し、トニーのホテルのレストランで食事をするよう頼んだ。

トニーはシモーネをみて舞い上がるが、彼のレストランのレベルがシモーネの期待に沿うものではないことを十分にわかっていた。

その時キッチンにいよいよアダムが現れ、彼の腕を証明させてほしいとトニーに頼んだ。シモーネを満足させる自信のないトニーは、それを受け入れるしかなかった。

シモーネのアダムの料理に対する評価は満足のいくもので、トニーと彼の父はキッチンの改装とアダムを料理長として雇うことに同意した。

条件としてトニーの精神科医であるドクターロスヒルド(エマ・トンプソン)の薬物テストを毎週受けることを要求した。

ドクターロスヒルドはアダムが薬物依存から抜け出せるよう、彼と依存症サポートグループの集会や、またプライベートで会ってもいいと言ってくれた。



アダムは、以前は苦手としていたトークショーにも出演し、レストランの宣伝にも努めた。
別の有名な評論家をランガムスに連れてくることにも成功した。

そしてその高い評価はランガムスを、ロンドンの新しい人気レストランとしての地位を確固たるものにし、そのことで流行りのレストランを経営するリースは激しく嫉妬した。




アダムのことを心配するトニーは、エレーヌを訪ねランガムスに戻るよう説得した。昇給を約束するとともに、アダムの行いが彼の不幸な生い立ちに関係していることを明かし、アダムは短気で不安定だがすごく優秀だということを伝えた。

アダムへの興味を失っていなかったエレーヌはそれを承諾し、戻ってきたエレーヌをアダムも尊重して向き合った。


アダムとエレーヌは次第に仲良くなり、ケーキ作りを苦手とするアダムだったがエレーヌの娘リリーの誕生日にケーキを焼いた。

娘の誕生日にエレーヌに休みをあげられない代わりに、トニーがホテルでリリーをみることを申し出、アダムは小さな女の子リリーと仲良くなろうと努力した。


ランガムスが地位を確立すると、トニーとアダムはミシュランスターの獲得に向けて準備を始めた。

二人はウェイトレスやキッチンスタッフにミシュランの調査員がどのように振る舞うかや、ミシュランが料理だけでなくレストランでのすべてのサービスを評価することを教えた。

アダムは、麻薬密売人の借金取り立てをかわし続け、ドクターロスヒルドのところで薬物テストを受け続けた。


アダムがリースのレストランから新装オープンのパーティの招待状を受け取った時、エレーヌに一緒に行ってくれるよう、ロマンティックにではなく業務的に誘った。

ふたりはデートではないにしても、楽しい時間を過ごした。
しかしアダムがジャン・リュックの娘アンマリー(アリシア・ ヴィキャンデル )と出くわしたその夜に彼の心が逸れていった。


アダムがアンに挨拶をしている間、リースがエレーヌに2人が昔恋人同士だったことを説明した。

アダムはアンマリーが優しく接してくれたことに驚いた。アダムは3年前彼女を見捨て、彼女の父のお葬式にも現れなかったからだ。

アンマリーもまた中毒から足を洗い、アダムに父のナイフを譲りたいと申し出た。
アンマリーに会ったことで、アダムの頭の中は後悔でいっぱいになり、パーティを抜け出してしまった。


エレーヌは翌朝アダムを魚市場で見つけた。アダムが魚のメニューを出そうと前夜に話していたので探しに来ていたのだった。

アダムは一晩中うろうろ徘徊し、なぜパリで全てが狂ってしまったのかを考えていた。ジャンリュックは彼の実の父より父親らしかった。

彼はキッチンでの目まぐるしく変わる忙しい環境が大好きだったし、いつも前進していた…少なくとも彼がそれを止めるまでは。

ドラッグを始め、失敗ばかりし、そしてたがが外れてしまった。彼は今は大きな目標達成に向かっているが、二度と失敗を繰り返すことはできない。

アダムとエレーヌはその朝初めてのキスをした。

そこへ麻薬密売人の子分たちが現れ、アダムを連れて行こうとした。

アダムは持っていた魚をエレーヌに手渡し彼らについて行った。トニーがエレーヌに、アダムは自分の面倒は自分でみられるから心配いらないと言うが、その夜エレーヌは酷く痛めつけられたアダムがキッチンの入り口に倒れているのを見つけた。


トニーとエレーヌは、アダムを病院に連れていこうとしていたが、その時二人のミシュラン調査員が店へとやってきた。

皆があわてて取り乱し、アダムもかろうじて料理を始めた。
調査員の料理を作り上げ、ウエイトレスが料理を運んだ。数分待ったあとウエイターが、全く手の付けられていない二つの皿を持ち返ってきた。

はじめに出したスープが辛すぎたのだ。アダムが昔のようにスープの味をチェックすると確信していたマイケルが、スープにカイエンペッパーを入れすぎ事を認めた。

マイケルはパリでのアダムの行いに対し、リベンジを果たしたのだ。マイケルが去った後アダムはすべての気力を失い、トニーとエレーヌが引き止めるのも聞かずに飛び出してしまった。


アダムはロンドンを徘徊していた。
ウェストミンスターブリッジの欄干によじ登り、そこから飛び降りることを考えているようにみえた。

その後アダムはリースのレストランに現れ、リースがドアを開けるまで窓を叩き続けた。

アダムは酔っ払っていてキッチンで迷惑をかける。アダムが小さなビニール袋を頭にかぶり泣き出した時、リースはスタッフをキッチンから出して、アダムの頭の袋を破いた。

そして床になだれ落ちるアダムを腕に抱き、ここで夜を過ごしていいと伝えた。


翌朝、リースがアダムの朝食を作りながら、自分よりアダムの方が優秀な料理人だと言った。

リースはアダムと働くことで、リース自身も刺激を受け新たな味を模索し続けられることに感謝していた。

そしてふたりは今までよりもずっと良い関係になった。アダムはドクターロスヒルドを訪れ初めてのグループセラピーに参加した。


アダムがホテルに戻ったとき、アンマリーが彼のドラッグの借金を支払ったことを知った。
また、彼女の父のナイフをアダムに渡し、エレーヌと仲良くするようにと念を押した。

トニーとエレーヌはアダムにとても良い知らせがあると言った。

一昨日レストランに来た二人の男性は、どうみてもミシュランから来たように振る舞っていたが、実は調査員ではなかったということだった!

アダムはもう一度ミシュランスターを獲得するチャンスがあることに感激するが、それよりもエレーヌにまたキスできることが嬉しかった。そしてふたりは付き合い始めた。


アダムはキッチンでの取り仕切りかたを変える。エレーヌとマックスにもっと耳を傾け、デイビッドをよりサポートするようになった。

本物のミシュラン調査員がランガムスに来たとき、アダムは他のシェフ達、特にエレーヌと力を合わせ最高の料理を作り、レストランは三つ星を獲得し、トニーとアダムはそれを祝った。




映画「エクスマキナ」のネタバレを結末までの記事を見る

映画「ノックノック」のネタバレを結末までの記事を見る





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © 映画ネタバレ最前線 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。